「憂世」から「浮世絵」

浮世絵・春画|北斎・歌磨・写楽・広重などの浮世絵・春画・美人画など。

【すみだ北斎美術館】北斎の橋 すみだの橋

葛飾北斎「諸国名橋奇覧 すほうの国きんたいはし」
葛飾北斎「諸国名橋奇覧」すほうの国きんたいはし

北斎とその門人が描いた橋の作品を展示

会 期 2018年9月11日(火)〜11月4日(日)
前期:9月11日(火)〜10月8日(月・祝)
後期:10月10日(水)〜11月4日(日)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
主 催 墨田区・すみだ北斎美術館
開館時間 9:30-17:30(入館は17:00まで)

葛飾北斎「諸国名橋奇覧 飛越の堺つりはし」
葛飾北斎「諸国名橋奇覧」飛越の堺つりはし

造や種類は、各時代における政治的、技術的制約の中で、様々に発展しており、その背景には、建設に携わった人、橋が架けられる地域の人など、多くの人々の思いがあります。
北斎の作品に加えて、北斎が一生をすごしたすみだという地域にも焦点を当てた展覧会。北斎が描く橋を通して、インフラという本来の意義を越えた、橋の文化的側面が紹介されます。

【前期】9月11日(火)〜10月8日(月・祝)
様々な橋の構造に着目して描き分けた北斎の代表作「諸国名橋奇覧」全11図を中心に、北斎とその門人が描いた橋の作品を展示。「冨嶽三十六景」から「御厩河岸より両国橋夕陽見」も登場します。

葛飾北斎「富嶽三十六景」御厨川岸より両国橋夕陽見
葛飾北斎「富嶽三十六景」御厨川岸より両国橋夕陽見

浮世絵 葛飾北斎「富嶽三十六景」の全図はこちら

【第2章】10月10日(水)〜11月4日(日)
墨田区内の橋を取り挙げ、北斎が生きた時代以降、橋がどのように発展し現在まで続いてきたのか、錦絵などに描かれた橋や絵葉書、図面、関連資料を通じてご紹介。北斎の描いた様々な橋をきっかけとして、現代の私たちが渡っている橋の様々な魅力に迫ります。

【関連イベント】
講演会「江戸の橋と水辺の文化」
学芸員と歩く隅田川の橋めぐり
スライドトーク「北斎の橋 すみだの橋のみどころ」(9/30)
ワークショップ「アーチ橋をつくろう」
講演会「隅田川 橋の歴史〜明治から現代まで〜」
スライドトーク「北斎の橋 すみだの橋のみどころ」(10/28)

【観覧料】
一般 1,200円
高校生・大学生・65歳以上 900円   
中学生・障がい者 400円

「すみだ北斎美術館」は、まさに北斎のテーマパーク