「憂世」から「浮世絵」

浮世絵・春画。北斎・歌磨・写楽・広重などの浮世絵・春画・美人画など。

月岡芳年「新形三十六怪撰」群馬県立歴史博物館

月岡芳年「新形三十六怪撰」

月岡芳年「新形三十六怪撰」とは?

『新形三十六怪撰』(しんけいさんじゅうろっかいせん)は、幕末から明治前期にかけて活動した浮世絵師・月岡芳年による妖怪画の連作です。本作における画号は、大蘇芳年(たいそ よしとし)。落款の印名は「芳年」。版元は佐々木豊吉。
刊行開始は1889年(明治22年)ながら、完結は1892年(明治25年)と芳年の没後であり、後半の作品のうちの数点は芳年の版下絵をもとにし、彼の門人たちが完成させました。題名のとおり、全36点の図絵があります。

芳年は生涯をかけ、自らの作品の主題として妖怪を重要視していたが、そうした中でも本作品は芳年の妖怪画の集大成と称されています。題名の「新形(しんけい)」は「神経(しんけい)」に掛けたものとも、古来の伝承にある妖怪を新たな感覚で描いたことが由来ともいわれます。

画面の枠は虫食い状になっていますが、これは絵が劣化しているのではなく最初からこのようにデザインされたもの。後年の芳年が神経に異常を来たしていたための幻覚を描写したものとの説もあります。

妖怪画ではあるが、主題のはずの妖怪や成仏できない怨霊よりむしろ、それらを見る人間たちの姿を中心的に描いたものが多く、中には「仁田忠常洞中に奇異を見る図」「業平」のように妖怪・怪異を見る人間のみを描いたものもあります。

また、「清玄の霊桜姫を慕ふの図」で怨霊の姿を襖の染みのように描いたり、『平家物語』で平清盛が遭遇したという髑髏の化け物を、「清盛福原に数百の人頭を見るの図」において襖の取っ手と月が重なって髑髏(どくろ)に見えるよう描いたりと、妖怪や怪異を隠し絵のように描写することで、それらが人間の妄想であるかのように解釈する手法も特徴的です。

(ウィキペディアより)

貞信公夜宮中に怪を懼しむの図
貞信公夜宮中に怪を懼しむの図

清玄の霊桜姫を慕うの図
清玄の霊桜姫を慕うの図

藤原実方の執心雀となるの図
藤原実方の執心雀となるの図

群馬県立歴史博物館

【展示期間】
2019年7月6日(土)~9月1日(日)
【休館日】
毎週月曜日
※ただし7/15、8/12は開館、7/16は休館
【観覧料】
常設展示料金でご覧いただけます。
※企画展示をご覧になる場合は別途企画展示料金が必要になります。

常設展示室

原始・古代・中世・近世・近現代にいたる群馬県の歴史や文化の特色について、実物資料を中心に模型・映像などを用いてわかりやすく、かつ楽しみながら学べます。

古代東国における中心地として栄えた古墳王国・群馬について展示する東国古墳文化展示室、館蔵コレクションや地域・学校と連携した展示など、フレキシブルな展示を展開するテーマ展示室が新設されました。