「憂世」から「浮世絵」

浮世絵・春画。北斎・歌磨・写楽・広重などの浮世絵・春画・美人画など。

「写楽と豊国―江戸の美と装い」神戸開催

写楽と豊国 ~江戸の美と装い

(サイトより)
江戸の人々を夢中にさせたファッション
江戸時代、歌舞伎は人々の最大の娯楽で、役者絵や美人画等の浮世絵は、贔屓の役者や評判娘を身近に眺めるブロマイドでした。 本展では、颯爽と姿を現し、忽然と姿を消した東洲斎写楽(生没年不詳)とそのライバルで、のちに浮世絵界で最大の流派となる歌川派を拡大した歌川豊国(1769-1825)を軸にした浮世絵を中心に140点を展示します。

2016年6月18日(土)~8月14日(日)
開館時間 10:00 - 18:00(入館は17:30まで)
休館日 月曜日、6月7日(火)~17日(金)、7月19日(火)ただし7月18日(月・祝)は開館
入館料 《一般》500円 《小中高65歳以上》250円 (特別展示・ベーシック展示あわせて)
※和装でご来館の方は入館無料(特典付 キモノでおでかけMAP)

「写楽と豊国―江戸の美と装い」神戸開催▶