「憂世」から「浮世絵」

浮世絵・春画。北斎・歌磨・写楽・広重などの浮世絵・春画・美人画など。

【印象派が愛した浮世絵】 vol.1 ゴッホ

ッホが惚れ込んだ UKIYO-E

印象派が浮世絵をとりあげて、その素晴しさが広まったといわれています。
が、どんな浮世絵が影響を与えたのでしょうか。

(記事より)
浮世絵に魅了された画家・ゴッホ

とりわけ、浮世絵に影響を受けたとされる芸術家として有名なのが、後期印象派の画家ヴァン・ゴッホです。 1853年にオランダで生まれたゴッホは、独学で絵を学び、32歳でパリに移り住んだ際に出会ったのが浮世絵でした。

ゴッホは、広重最晩年のシリーズ「名所江戸百景」の亀戸梅屋舗を『花咲く梅の木』、大はしあたけの夕立を『雨の大橋』というタイトルでそれぞれ模写作品を残しています。

美術の世界において「模写」とは、ただ単に写すということではなく、作風や作者の制作意図を理解するために用いられると言われています。では、ゴッホは広重の名作を模写することで、何を得ようとしたのでしょうか。

【印象派が愛した浮世絵】 vol.1 ゴッホが惚れ込んだ UKIYO-E▶