※本ページにはプロモーションが含まれています。

新しい「日本のパスポート」には北斎の浮世絵
(記事より)
外務省によれば、表紙は現状のままで、中には葛飾北斎の「冨嶽三十六景」が採用されるとか。ちなみに現在は「桜」がモチーフになっていますが、これを一新。
新しいパスポートでは見開きごとに北斎の各作品を入れることで、世界的にも広く知られる「富士の浮世絵」をさらにアピールする形に。
また、全ページでデザインが異なることは偽造対策にもなるそうです。
今回の発表について、米メディアの「Travel+Leisure」は、『日本のゴージャスな新パスポート』と表現。しかし、決して否定的な意味ではありません。
「日本は素晴らしい自然とモダンなデザインで知られている国だし、その美学がパスポートに反映されたとしても驚かない」
新しい「日本のパスポート」には北斎の浮世絵が?その斬新な中身とは ▶
新しい「日本のパスポート」には北斎の浮世絵

おすすめの記事