北斎・広重が動く浮世絵展
(記事より)
浮世絵を60倍に拡大して最新の映像技術で動かして見せるアート展が、1月28日より東京都内で始まりました。 
「スーパー浮世絵 江戸の秘密展」は、100点以上の浮世絵をデジタル技術で加工し、アート作品として展示しています。葛飾北斎の「富嶽三十六景」を約60倍、幅22メートルに拡大して映像技術を駆使し、実際の荒波のように激しく動かします。さらにそのなかでは、歌川広重の描いた魚が飛び跳ね、まるで浮世絵のなかに紛れ込んだ気になります。このアート展は5月中旬まで開かれます。
「北斎」が波打ち「広重」が飛び跳ね!動く浮世絵展
スーパー浮世絵 江戸の秘密展

おすすめの記事