春画を見て江戸時代のおおらかさを学ぼう(前編)
(記事より)
日本初の「SHUNGA春画展」が開催、メディアでも大きく取り上げられるなど、春画が一大ブームを巻き起こしています。
そこで、女性の就活、婚活相談を多数引き受けてきた川崎貴子さん、アダルトビデオ(AV)業界で男優、監督として活躍している二村ヒトシさんという、現代の男女事情に詳しいおふたりに、春画から見た江戸時代を現代と比較し、男女のありようを縦横無尽に論じていただきました。


川崎貴子(かわさき・たかこ)
1972年生まれ。1997年、人材コンサルティング会社(株)ジョヤンテを設立。女性誌での連載、執筆、講演多数。最新刊は『私たちが仕事を辞めてはいけない57の理由』(大和書房)。
二村ヒトシ(にむら・ひとし)
1964年、六本木生まれ。幼稚舎から慶應義塾で育ち、慶應義塾大学文学部中退。アダルトビデオ監督。女性側の欲望・男性の性感・同性愛や異性装をテーマに革新的な作品を発売。
詳しい記事をみる
春画を見て江戸時代のおおらかさを学ぼう(前編)

おすすめの記事