歌川国芳、国貞展に浮世絵とテクノロジーがコラボしたポップなアート空間
ちょっと中に入ってみたくなる不思議な空間ですね。
展覧会というより、何かの体験イベントが始まるかのようなエントランスです。
入ってみたくなりませんか?


(記事より)
東京・渋谷にある「Bunkamura ザ・ミュージアム」で、2016年3月19日(土)から6月5日(日)まで開催されている「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」に、話題のクリエイティブチーム「NAKED Inc.(ネイキッド)」が手掛けたアートな空間が出現し話題を集めています。アート好き必見の浮世絵とプロジェクションマッピングの共演をご紹介します。
(中略)
プロジェクションマッピングやセンシングの技術を応用し、現代と「この展覧会=江戸のエンターテインメント空間」の境目であるエントランスに、現代アート空間を生み出しました。
渋谷で開催中の歌川国芳、国貞展に浮世絵とテクノロジーがコラボしたポップなアート空間が出現!

おすすめの記事