喜多川歌麿・美人画2

喜多川歌麿・美人画2

喜多川歌麿➁

1790-91年(寛政2-3年)から描き始めた「婦女人相十品」、「婦人相学十躰」といった「美人大首絵」で人気を博した。「青楼仁和嘉女芸者部」のような、全身像で精緻な大判のシリーズもあったが、「当時全盛美人揃」、「娘日時計」、「歌撰恋之部」、「北国五色墨」など大首美人画の優作を刊行した。

一方、最も卑近で官能的な写実性をも描き出そうとした。「北国五色墨」の「川岸」、「てっぽう」や「教訓親の目鑑(めがね)」の「ばくれん」、あるいは秘画に見られる肉感は、決して美しさだけではなく、生々しさや、汚濁もある実存世界へと歌麿の眼が届いていることも知らされる。

蔦重との連携の下、「無線摺」、「朱線」、「ごますき[要出典]」といった彫摺法を用いて、肌や衣裳の質感・量感を工夫した。やがて、「正銘歌麿」という落款をするほどまでに、美人画の歌麿時代を現出した。また、絵本や肉筆浮世絵の例も数多くみられる。

(ウィキペディア)

おすすめの記事