葛飾北斎・富嶽三十六景

葛飾北斎・富嶽三十六景

富嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)」は、葛飾北斎による富士図版画集。
「三十六景」なのに、なぜ46図なのかは、柳亭種彦『正本製(しょうほんじたて)』(1831年(天保2年)、永寿堂。)の巻末広告に「富岳三十六景/前北斎為一翁画/藍摺一枚/一枚ニ一景ツゝ/追々出版(略)此のごとく追々彫刻すれば猶百にもあまるべし/三十六に限るにあらず」とあり、売り上げが良かったので、10図追加された。逆に言えば、不評だったら36図に至らなかったわけである。

『正本製』から、版行時期は、1831年(天保2年)から、『富嶽百景』の版行が始まる1834年(同5年)頃と思われる。

(ウィキメディア)

おすすめの記事