歌川広重・東海道五十三次

歌川広重・東海道五十三次

東海道五十三次(とうかいどうごじゅうさんつぎ)」は、歌川広重による浮世絵木版画の連作。1832年、東海道を初めて旅した後に作製したといわれている。東海道は、将軍在所の江戸と、天皇在所の京都を結ぶ道で、かつての日本の大動脈であり、江戸時代の主要道路であった五街道の中でも、最も重要な街道であった。五街道は、将軍を中心とした国家支配を強化する目的で、江戸期に整備されたものである。

『東海道五十三次』保永堂版は、広重の作品のうち最もよく知られたものであり、もっともよく売れた浮世絵木版画でもある。葛飾北斎の『富嶽三十六景』シリーズとともに、名勝を写して、浮世絵に名所絵風景画)のジャンルを確立した。これらの名所絵には西洋の構成表現が取り入れられ、日本風に昇華されて、新しい可能性を生み出している。広重の東海道五十三次のシリーズは、日本だけでなく、のちの西洋美術にも影響を与えた。

(ウィキペディア)

広重の死絵(3代豊国筆、安政5年1858年)広重の死絵3代豊国筆、安政5年1858年)

おすすめの記事