※本ページにはプロモーションが含まれています。

GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ

 

 

いまや世界共通言語となった日本の漫画=MANGA。
その起源には、様々な説があります。本展では印刷文化が発展した江戸時代の諷刺表現である戯画を、現代日本で認識されている漫画的な表現の出発点としています。

幕府の改革、幕末の動乱、近代化、社会の矛盾や事件、庶民の日常など、浮世絵の「戯画」は様々な事柄を時にユニークに、時に辛らつに伝えました。
戯画=人物の顔や動物などを遊びの目的や滑稽さ、諷刺的な意味を持たせて描かれた絵のこと。

そして明治になり、新聞や雑誌など近代的ジャーナリズム媒体の誕生と共に「戯画」は挿絵へ、そして漫画へと姿を変え、漫画雑誌が刊行されるに至り、大衆が楽しめる新しい絵画表現として確立しました。

本展では、江戸時代の浮世絵版画から明治・大正時代の諷刺漫画雑誌、昭和戦中期の子ども漫画等、日本の漫画の変遷を展覧します。

江戸時代の北斎、国芳、暁斎などの浮世絵版画と、明治以降に台頭した漫画雑誌や漫画本などの近代漫画に着目し、時代に合わせ姿を変えながら発展してきた漫画的表現の変遷を紹介してます。

浮世絵版画 ~第一章の展示から~

江戸時代は印刷出版技術が発展し、浮世絵版画の分野で、北斎や国芳など全国的な人気を誇る絵師が次々と登場。なかには諷刺を込めた「戯画」が多数登場し、民衆の人気を集めました。

■ 多様な発想で人々を楽しませた遊び絵」
本作は、「ゑ(え)んぎがよし」「きげんがよし」「ゆめでもよし」など「よし」(良いこと)が集合!

よし図歌川国芳「浮世よしづ久(く)志(し)」

■心や言葉のメッセージを伝える「吹き出し」
本作では、美味しいものを求める「口のよく(欲)」歌舞伎を観たい「目のよく(欲)」などの欲望が描き込まれています。

心夢吉凶鏡歌川芳藤「心夢吉凶鏡」

近代漫画 ~第2章・第3章の展示から~

日本初の日刊連載の新聞4コマ漫画。キャラクター性のある絵柄とストーリー展開で多くの読者に親しまれました。明治時代になると海外の影響を受け、時事的テーマ等を諷刺画と文章で紹介した漫画雑誌が登場。教科書でも目にするワーグマン『THE JAPAN PUNCH』をはじめとした明治時代の貴重書は必見です。

GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ

会期 2020/11/25(水)~2021/1/24(日)※一部展示替えを実施予定
◎前期 2020年11月25日(水)〜12月13日(日)
◎中期 12月15日(火)〜2021年1月3日(日)
◎後期 1月5日(火)〜1月24日(日)
開館時間 9:30~17:30(入館は17:00まで)
休館日 毎週月曜日
年末年始(12/29(火)~1/1(金))
1月11日(月・祝)開館
1月12日(火)休館
会場 すみだ北斎美術館
観覧料 一般:1,200円 高校生・大学生・65歳以上:900円
中学生・障害者:400円 小学生以下:無料
おすすめの記事