※本ページにはプロモーションが含まれています。

歌川広重・名所江戸百景

歌川広重・名所江戸百景[浮世絵・118点]

歌川広重の浮世絵「名所江戸百景」は最晩年の作品であり、その死の直前まで制作が続けられた代表作。最終的には完成せず、二代広重の補筆が加わって、「一立斎広重 一世一代 江戸百景」として刊行されました。版元は魚屋栄吉。

何気ない江戸の風景ですが、近景と遠景の極端な切り取り方や、俯瞰、鳥瞰などを駆使した視点、またズームアップを多岐にわたって取り入れるなど斬新な構図が多く、視覚的な面白さがあります。

また、多版刷りの技術も工夫を重ねて風景浮世絵としての完成度は随一ともいわれています。

その魅力は江戸の人々を魅了し当時のベストセラーとなり、どの絵も1万から1万5千部の後摺りをしたほど。

反面、多くの後摺りでは色数を減らし、手間のかかるぼかしを省略したため、本来の作品が持つ味わいを損ねることにもなりました。

実際に「大はしあたけの夕立」や「亀戸梅屋舗」を模写したゴッホ、「京橋竹河岸」に触発され『青と金のノクターン-オールド・バターシー・ブリッジ』を描いたホイッスラーをはじめ、日本的な「ジャポニスム」の代表作として西洋の画家に多大な影響を与えたシリーズです。

江戸は安政2年(1854年)の安政の大地震で被害を受け、名所江戸百景は災害からの復興を祈念した世直しの意図もあった点が指摘されています。

1-日本橋雪晴 (春の部)

2-霞かせき (春の部)

3-山下町日比谷さくら田 (春の部)

4-永代橋佃しま (春の部)

5-両ごく回向院元柳橋 (春の部)

6-馬喰町初音の馬場 (春の部)

7-大てんま町木綿店 (春の部)

8-する賀てふ (春の部)

9-筋違内八つ小路 (春の部)

10-神田明神曙之景 (春の部)

11-上野清水堂不忍ノ池 (春の部)

12-上野山した (春の部)

13-下谷廣小路 (春の部)

14-日暮里寺院の林泉 (春の部)

15-日暮里諏訪の台 (春の部)

16-千駄木團子坂花屋敷 (春の部)

17-飛鳥山北の眺望 (春の部)

18-王子稲荷の社 (春の部)

19-王子音無川 堰堤世俗大瀧ト唱 (春の部)

20-川口のわたし善光寺 (春の部)

21-芝愛宕山 (春の部)

22-広尾ふる川 (春の部)

23-目黒千代か池 (春の部)

24-目黒新冨士 (春の部)

25-目黒元不二 (春の部)

26-八景坂鎧掛松 (春の部)

27-蒲田の梅園 (春の部)

28-品川御殿やま (春の部)

29-砂むら元八まん (春の部)

30-亀戸梅屋舗 (春の部)

31-吾嬬の森連理の梓 (春の部)

32-柳しま (春の部)

33-四ツ木通用水引ふね (春の部)

34-真乳山山谷堀夜景 (春の部)

35-隅田川水神の森眞崎 (春の部)

36-真崎辺より水神の森内川関屋の里を見る図 (春の部)

37-墨田河橋場の渡かわら竈 (春の部)

38-廓中東雲 (春の部)

39-吾妻橋金龍山遠望 (春の部)

40-せき口上水端 はせを庵椿やま (春の部)

41-市ヶ谷八幡 (春の部)

42-玉川堤の花 (春の部)

43-日本橋江戸ばし (夏の部)

44-日本橋通一丁目略図 (夏の部)

45-鎧の渡し小網町 (夏の部)

46-昌平橋聖堂神田川 (夏の部)

47-王子不動之瀧 (夏の部)

48-赤坂桐畑 (夏の部)

49-増上寺塔赤羽根 (夏の部)

50-佃しま住吉乃祭 (夏の部)

51-深川萬年橋 (夏の部)

52-大はしあたけの夕立 (夏の部)

53-両国橋大川ばた (夏の部)

54-浅草川首尾の松御厩河岸 (夏の部)

55-駒形堂吾嬬橋 (夏の部)

56-堀切の花菖蒲 (夏の部)

57-亀戸天神境内 (夏の部)

58-逆井のわたし (夏の部)

59-深川八まん山ひらき (夏の部)

60-中川口 (夏の部)

61-利根川ばらばらまつ (夏の部)

61-利根川ばらばらまつ (夏の部)

62-八ツ見のはし (夏の部)

63-水道橋駿河台 (夏の部)

64-角筈熊野 十二社 俗称十二そう (夏の部)

65-糀町一丁目山王祭ねり込 (夏の部)

66-外桜田弁慶堀糀町 (夏の部)

67-三つまたわかれの渕 (夏の部)

68-浅草川大川端宮戸川 (夏の部)

69-綾瀬川鐘か渕 (夏の部)

70-五百羅漢さゞゐ堂 (夏の部)

71-深川三十三間堂 (夏の部)

72-はねたのわたし弁天の社 (夏の部)

73-市中繁栄七夕祭 (秋の部)

74-大傅馬町こふく店 (秋の部)

75-神田紺屋町 (秋の部)

76-京橋竹がし (秋の部)

77-砲洲稲荷橋湊神社 (秋の部)

78-鉄砲洲築地門跡 (秋の部)

79-芝神明増上寺 (秋の部)

80-金杉橋芝浦 (秋の部)

81-高輪うしまち (秋の部)

82-月の岬 (秋の部)

83-品川すさき (秋の部)

84-目黒爺々が茶屋 (秋の部)

85紀の国坂赤坂溜池遠景 (秋の部)

86-四ッ谷内藤新宿 (秋の部)

87-井の頭の池弁天の社 (秋の部)

88-王子瀧の川 (秋の部)

89-上野山内月のまつ (秋の部)

90-猿わか町よるの景 (秋の部)

91-請地秋葉の境内 (秋の部)

92-木母寺内川御前栽畑 (秋の部)

93-にい宿のわたし (秋の部)

94-真間の紅葉 手古那の社継はし (秋の部)

95-鴻の台とね川風景 (秋の部)

96-堀江ねこざね (秋の部)

97-小奈木川五本まつ (秋の部)

98-両国花火 (秋の部)

99-浅草金龍山 (冬の部)

100-よし原日本堤 (冬の部)

101-浅草田圃酉の町詣 (冬の部)

102-蓑輪金杉三河しま (冬の部)

103-千住の大はし (冬の部)

104-小梅堤 (冬の部)

105-御厩河岸 (冬の部)

106-深川木場 (冬の部)

107-深川洲崎十万坪 (冬の部)

108-芝うらの風景 (冬の部)

109-南品川鮫洲海岸 (冬の部)

110-千束の池袈裟懸松 (冬の部)

111-目黒太鼓橋夕日の岡 (冬の部)

112-愛宕下薮小路 (冬の部)

113-虎の門外あふひ坂 (冬の部)

114-びくにはし雪中 (冬の部)

115-高田の馬場 (冬の部)

116-高田姿見のはし 俤の橋砂利場 (冬の部)

117-湯しま天神坂上眺望 (冬の部)

118-王子装束えの木 大晦日の狐火 (冬の部)

おすすめの記事